読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

共働き、両親頼れない!けど2人目産んじゃった(・ω・)ノ

下の子(早生まれ)一歳児入園、上は年中。フルタイム共働き、2人目の壁は? ワーママの生活実況ブログ☆

誕生日がバレンタインデーの、とある女の子のお話し…。

今週のお題「バレンタインデー」

はてなブログ。

今週のお題は バレンタインデー です。

……………。

バレンタインデーのエピソード、を書く前に。


私は、SNSが怖い。ネットシャカイが怖い。

ツイッターが炎上、フェイスブック、ブログで顔バレ、実社会に影響が怖くて。

…やっと、ブログをはじめた小心者。


だから、身元がバレるような、私の情報は出しません。「誕生日をネットに晒す」なんて以ての外!

※以下、長文、《フィクション》です(=゚ω゚)ノ

…………

「バレンタインデーが、誕生日だと辛いだろうなぁ〜」と思う。


女の子の一大イベント。

お年頃は、結構長い。

小学生?中学生?高校生?大学生?社会人?


その間、誕生日を一緒に祝ってくれる女友達は少ない。女友達の誕生日より、サッサと彼に告白しに行く方が一大事。

「女は友情より愛情」なんて、物心をついた頃から思い知らされている。


みんな、彼のためのプレゼントで節約モード全開。

誕生日プレゼントは、手作りチョコレートや、ケーキ、クッキーなどのスィーツ。

…の、端切れ?だよね?


私が食べる顔をじーっと見る。

「おいしい?どう?」


…ど、く、み、かぁー!(−_−#)!!!


というのが続く。続く。続く。

「美味しゅうございます」としか言えない。

中高生の女の子が初めて作った、甘ったるいチョコレート味の諸々。次から次へと、色んな女友達が自信作を持ってくる。


「そんなのを食べて喜ぶのは、あんたの父親ぐらいだ!」

とはね、言えないでしょ? 


それをもらう、モッテモテのイケメン男子も同じ気持ちだと思うけど、もらった個数を自慢できるだけ羨ましい。


数年後。彼氏ができたバレンタインデー。

変わらず、女友達からはチョコレート関係のプレゼント?試作品?ばかりだった。チョコレート味には飽きたから。

彼と「生クリームの」誕生日ケーキを買いに行った。


遅い時間には、チョコレートの、それもハート型のケーキしか売ってなかった。仕方がないから、それを買って祝う。

「バースデーケーキは、予約が必要」と学んだ。


チョコレートが嫌いな訳ではありません。

「私の為ではなく作られた甘たるい物を、その場で食べ、感謝をして、良き感想を言わなくてはならない」

ということの連続に、ウンザリ、ミジメ、ちょっと悲しいだけ。

「私の誕生日」を祝ってもらった気持ちには、到底なれなかったから。


チョコレートは大好き。飛行機を乗り継ぎ、片道一日以上かけて、治安の悪いカカオの産地にまで行って、砂糖たっぷりの甘ったるい味付けに幻滅した。


結局、チョコレートがおいしいのは、ベルギー、フランス、ドイツ、日本。だと思う。

銀座が一番かも知れない。世界中の色々な素晴らしいチョコレートを、コンパクトな場所で嗜む事ができる、治安が良い地区は、他に知らない。星の王子様、リアル版を体験した。


話を戻して、


テレビではチョコレートの特集と、北朝鮮関連のニュースばかり。

リアルでは、女の子が集まって恋バナ。

私の誕生日の話どころでは無い。


あまり良い思い出はないけれど、高校生、大学生の頃は、男の子たちから沢山の誕生日プレゼントを貰っていた。


それは、「義理でも良い。チョコレートが欲しい」という男の子の友達らに、「誕生日プレゼントをくれるなら、チョコレートをあげよう」と、物々交換を提案したから。


私は、男の子たちに、義理には見えないチョコレートを渡し、沢山のバースデープレゼントを貰った。


かくして、彼らは「バレンタインデーにチョコレートを貰った」という大義名分?とニセの戦利品を持って、自宅に帰り、母親、姉、といった家族らに報告を出来たのである。


今で言うウインウインな取引。甘い恋心なんて皆無だった。聖人バレンタインには申し訳ない。


時代が変わり、北朝鮮の主席は息子になったが、やっぱり北朝鮮がニュースを賑わしている。


なんとも言えないような、手作りチョコをくれた女友達らは、いつの間にか疎遠になってしまった。


社会人になって知り合った女性からは、高級チョコレートを頂くようになった。

いくつ貰っても嬉しくて、美味しく頂いている。


明日は土曜日。銀座にバレンタインデー用のチョコレートを買いに行く。夫のよりも、ちょっと良い物を余分に買って、自分への誕生日プレゼントと称して、夜な夜な1人で食す。

そんなバレンタインデーになると思う。


「ドキドキしながら、片思いの相手にチョコレートを渡し、愛の告白をする」ということを、しないまま年を取ってしまった。


某議員や某タレントのように、不倫をするつもりはないから、もう一生ないだろう。

そう思うと、少し残念ではある。


と、書いていたところで、夫が言った。


「誕生日ケーキ、予約してるよ」


あの誕生日。生クリームのホールケーキがなくて、ハート型チョコレートケーキを買って祝ってくれた、彼。

今は夫である。

今年は初めて4人で迎える「バレンタインのついで」でなく、ちゃんとした「私の誕生日」に、なりそうだ。


以上、お題が「バレンタインデー」と聞いて、思ったことを書いてみました。おしまい。


※この物語は、フィクションです(・ω・)ノ


↓バレンタインデーを英語で何て言うでしょう?

そのまんま、ですけど。良かったら覗いてください。

http://marueigo.hateblo.jp/entry/2016/02/12/142516

Nello(ネロ) ベルギーチョコレート バロタン 250g

Nello(ネロ) ベルギーチョコレート バロタン 250g

ネロ。パトラーッシュ!!

。・゜・(ノД`)・゜・。。あのフランダースにあるチョコレート。芸術的ですね。