読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

共働き、両親頼れない!けど2人目産んじゃった(・ω・)ノ

下の子(早生まれ)一歳児入園、上は年中。フルタイム共働き、2人目の壁は? ワーママの生活実況ブログ☆

コウノドリ第9話。助からなかった赤ちゃん。ドクターの無力感。

テレビ テレビ-コウノドリ

「つぼみちゃん!!」

小児病棟へかけていくコウノドリ先生、下屋先生。

四宮先生はオペ中に聞く。


ネタバレ注意|( ̄3 ̄)|


や、やっと見ることができた!!

コウノドリ第9話。


今回も号泣ものでした。


つぼみちゃん、あっけなく他界。

四宮先生、間に合わず…。

つぼみちゃんのお父さんは、つぼみちゃんに声をかけず、触りもせず去っていく。

自分の子供がなくなったのに信じられないけれど。


四宮先生、癖で元のつぼみちゃんの病室に向かう。ハッと気がつくシーンが、切なかったです。


久しぶりにテレビで見た酒井美紀さん。

はじめは、この旦那何様だよ!と思っていたけれど、自分が傷つかないように防衛していたのかもしれません。


保育器に入った小さな赤ちゃん。

「赤ちゃんの泣き声を聞けるでしょうか?」


私の子供は2人とも首に臍帯が巻きついていて、生まれてすぐ泣かなかったんですよね。

上の子は仮死状態で。すぐ措置をされたけど、なかなか泣かなくて。赤ちゃんの姿は全く見れなくて。

「泣いた」と先生の声が聞こえたと思ったら、保育器に入れられて連れて行かれてしまいました。


上の子は、みなさんに「泣け泣け!!!」と言われながら措置をされて、か細い声でないて。「ないたないた!!」と先生方。

私もその声で安心したことを思い出しました。


癇癪を起こして泣いても、夜泣きをされても。泣けるくらい元気になったんだなって、感慨深く思えます。

明日からはもっと愛しく思えそう。


コウノドリを見ていると、命の尊さ。2人の元気な子供を授かったことが奇跡だと気がつかされます。もっともっと、この奇跡で生まれてきた子供たちを大事にしよう。


話を戻して。パパとママに抱かれての最期。号泣もの。


山口紗弥加も、美人だし鉄の女っぷりがお上手。自分一人で背負って背負って、ポッキリかな。燃え尽きちゃった。


「どうして助けたんですか!」

て言われたら。双子ちゃん、助けられなくなってしまうのかな。


お医者さんは憧れる仕事だけど、重責というか。本当に大変なお仕事。


産科が少なくなっているのも分かる気がします。でも、産科も、NICUも少ないのはこまる。

私は産科で産んだ後、混んでいるので早く退院てくれませんか?ときかれました^^;

産科はまだしも、NICUは、ね。私ならダダをこねそう。

NICUにいた若いママさん、かっこいいな。


西田尚美の出生前診断に迷うところ。

不妊治療をしてやっと授かって。

喜んだところでゴールではないんですよね。


私もコウノドリ先生のように、優しく説明してもらえたら気分は違ったと思います。

実際は理詰めで、怖い内容の承諾書を渡されて考えておいて!て感じで。

夫婦揃ってのカウンセリングなんてあるんだぁ、と思いながらみていました。


気になったのは、コウノドリ先生が念入りに口紅を落としているところ!

先週、口紅をつけたまま病院に駆けつけてしまったからかな?^^;


今回は色々な話が入っていたので、脈絡なく、思いつくまま感想を書いてしまいました。


もうはや来週最終回なんですねーー( ̄◇ ̄;)

ヤダヤダ!!

続編お願いします!!

#1.僕たちは毎回奇跡のすぐそばにいる

#1.僕たちは毎回奇跡のすぐそばにいる

  • 何回見ても涙。良いドラマ。