共働き、両親頼れない!けど2人目産んじゃった(・ω・)ノ

下の子は2歳児クラス(早生まれ1歳児入園)、上は年長。フルタイム共働き、2人目の壁は? ワーママの生活実況ブログ☆

生まれる時期 メリットとデメリット

上の子のが年度初めの初夏生まれ

下の子が年度末の冬生まれ


まだ2人とも小さいのですが、

今の時点で感じることです。


生まれる時期のメリットとデメリット。

というより違いですね。


上の子、保育園では学級委員長タイプです。


メリットとしては、魔法の言葉を使える

もう2歳だね!

もう3歳なんだね!


この一言で、他の同級生であろうお友達より一歩先の存在?自己肯定感?プライド?

なんと表したら良いのかわかりませんが。

何かが芽生えました。


トイレトレーニング、

エプロンを外してキレイにご飯をたべる、

自分でお着替え、などなど。


自分で何かをする、ということ。

自分でできる!といって、なんでもやっちゃう。

それはそれは、ちょっと寂しいくらいです。

まだ私の赤ちゃんでいてほしいのに、みたいな?


個人差があるでしょうが

お友達より早く年をとること、とても嬉しいようです。


反面、これは早生まれのメリットになりますが、先生が手をかけてくれなくなってしまいます。


保育園の先生は若い女性が多くて、

平等に接していらっしゃっても、早生まれの小さな子を見る視線が、

キャーキャー!今日もかわいい!なんでこんなに可愛いのー?

というときがあるんですね。

赤ちゃん扱いをして、たくさん抱っこ。


もちろん、先生は口にはしませんが態度でわかりますよね。親としては少し複雑。


でも、実際、早生まれのお友達は赤ちゃんみたいで可愛いんですよね。


うちの子は、すたこらさっさと走って、生いきなコトを言う。

一方、早生まれの子は、ヨチヨチ歩き、がんばって話をしてくれて、舌足らずな声がまた可愛い!



年度初めに生まれた子は、

保活有利、成長がはやい、しっかりする、親はラク。


年度末生まれの子は、

育児給付金を延長してもらってゆったり育児、先生やママ友に可愛がってもらえる、成長が遅くても焦らないで済む。


一長一短かもしれないけど、

どちらもメリットがありますよね?



3月生まれの赤ちゃんの本―誕生前から満1歳までの成長とケア (誕生月別赤ちゃんの本シリーズ)